721

2021年を振り返って VFesセガ公式大会など

by
EPR とめ
EPR とめ
2021年5月末頃に「来週、バーチャファイタープロジェクトで告知がある」と急に動きがありました。
その告知から当日まで何なのかわかっていないのに興奮して夜眠れなくなったのを覚えています。
個人的には「PS3版のVF5FSがEVO(本家orJapan)のタイトルに選ばれる」位かなと思っていたので
PS4版でのバーチャファイターeスポーツ発表にはたまげました。
PS3本体の製造が終わっていて、
VF5FSを対戦する為の予備の本体をそろそろ買っておかないといけないという心配は消えました。
PS4だと本体機能で配信ができるので今までよりも沢山の人が配信を開始する事ができ、
それを見る事ができるのも楽しみでした。
しかもソフトが無料、アーケードも展開は本当に想像以上でした。

それと同時に驚いて焦ったのが大会ロードマップの発表。


6月時点で来年3月までの大会予定がひかれていました。
ほんの1回だけでなく3回分の大会予定をまとめて発表でした。

実は家にPS4が1台あるのですが、家族2人ともセガの大会に参加するとなると
2台あった方が必ず良い気がしました。
PS4×2にするのならPS4とPS5の体制にしよう(その後PS4×2の方が良いと思える事もあったのですが)と思いました。

最初のプレ大会に抽選で二人とも当選しました。
入手困難なPS5をヨドバシカード作成+Twitterで入荷情報チェック+小まめに来店して大会ぎりぎりに入手して参加しました。

初回の大会は送られて来たメールを何度読んでもツールが詳しくない自分は不安で緊張しまくりました。
Discord、Challonge、部屋立てと(PS3でのオンライン大会は大会部屋に呼んでもらえる形式ばかりだった)
今までのバーチャ大会参加勢はゲーセンの店員さんに「〇〇さん試合ですよー」と呼ばれるまでゲームしてたり、しゃべっていたりなんて事もあったのにー。
全員同時に試合が行われるので近くに他の人の話し声や仲間の応援もありません。これがオンライン大会かと。

本当に試合のみに集中できるように、可能なら部屋立てと伝達全般をやってくれる仲間を立てるのもありだなあと思いました。
回を重ねる事にSEGAからの大会説明資料、見るべきDiscordのチャンネルも非常にわかりやすくなり、
参加する皆もなれて来てスムーズに進行するようになっていきました。
でもまだ「2回負けたらおしまい」というルールが浸透してなくて、ルーザーズで呼ばれてもいない人が多い気がしました。
バーチャファイターeスポーツのゲーム内Tipsで「2回負けると終わりです」的な説明が入っていますが、
2試合先取的にも読めるので「2人に負けたら終わり」的な良い説明がないかなあと思いました。
今までゲーセンで開催されていたセガ公式の大会は1回負けたら終わりのものばかりなのもあると思いますが

6月にリリースされてからプレイヤー、配信も全部確認できない位の状態がまだまだあ続いていますが
2022年もより、オンライン、オフライン、大会、配信共に更にもりあがりますように。
自分も少しずつでも上達していけるよう練習していきたいと思います。
(PS3版+月1ゲーセン大会参加していた時よりも、触る時間、練習する時間も増えて大変良い環境になっています)
更新日時:2022/01/07 21:27
(作成日時:2022/01/01 20:54)
カテゴリ
つぶやき
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア