678

オンライン回線の改善方法

by
BraveRUKIA(ルキ)
BraveRUKIA(ルキ)
はじめに
無料でできることから、大掛かりなことまで多岐にわたります。
無料の場合はそれなりの、大掛かりならば大きな改善が期待できます。
とはいっても、一度組んでしまえば10年くらいは戦えます。

無料の改善方法
・回線テストをしてみる……https://speed.cloudflare.com/ にアクセスするだけで回線を評価できます
             
LatencyとはPing値と同じ意味です。小さいほど良い回線ということになります。
              Jitterとは、回線のゆらぎです。急にラグくなったりなどがどれだけ少ないかですね。できれば10未満は欲しいです。
              PS4ブラウザに上記URLをコピペすることで本体のテストも可能です
・MTU・DNSを見直す
何のことか分からないと思いますが、ようするにPS4本体の設定です。
MTU……プロバイダーごとに割り当てられている最適な値、とだけ覚えておけばいいです。正確な意味は各自検索してください。
    PS4設定→ネットワーク→インターネットを設定する→有線接続ならLANケーブルを選択→カスタム→
      →IPアドレスは自動→DHCPホスト名は指定しない→DNS設定は「DNS」で設定しますので今は自動→MTU設定で手動
    これで設定できるようになります。プロキシは設定しないでください
MTUの値は検索すれば出るはずです。「プロバイダー名 MTU」で調べてみてください。
ちなみに、ニューロ光だと1500、フレッツ光だと1454です。
このMTU値、PS4おまかせ設定では、プロバイダーの最適値とズレています。かなり回線に影響するので正確に設定してください。
DNS……この用語は意味を知らなくてもいいです。これ設定すれば改善するかも?程度に思ってください。
     設定をする前に、ネットワーク接続を診断をしてください。そしてその結果をメモなりスクショなりしておいてください。
      改善されたかどうかを見極めるためです。
     設定に入ります。
     MTUの設定をしていた中に、DNS設定があったと思います。ここを手動にします。
     私が設定しているものは、プライマリDNS「1.1.1.1」セカンダリDNS「1.0.0.1」(Cloudflare DNS)
     入力後決定を押したら、あとは設定を弄らずに進めて完了させます。
     ネットワーク診断の結果をみてください。
      改善される場合は、はっきりと数値に表れるはずです。微妙な場合は残念ですが、あまり意味がなかったということになります。
     別のDNSは「8.8.8.8」「8.8.4.4」(Google Public DNS)です。こちらも試してみてください
   少々脱線しますが、
   PS4はIPv6という現在主流の高速ネット回線に非対応です。ルーターがIPv6だった場合、思ったより速度が出ないこともあります。
Hubを使わない……ルーターとPS4をなにも介さずに直接つないでください。
         Hubとは、一本の線から複数の線に回線を分け与える分配器のようなものです。
         もしも使っていた場合は、やめましょう。この結果、長いLANケーブルになったとしても仕方ありません。


予算1万円前後の改善方法
ここからは費用のかかるものになります。
LANケーブル……古すぎる(10年も前のものを今でも使っているなど)だと、経年劣化や回線速度に影響が出ているかもしれません
        カテゴリー5A以上のLANケーブルを購入してください。
        短ければ短いほど通信の影響が少なくなりますが、ご家庭の事情に合わせてください。
ルーターを有線に変える……大前提として、無線(Wi-Fi)で格ゲーは対戦相手に迷惑となるためやめてください。
             厳しいようですが、とくにバーチャは高速の読み合いを重視するため、ほんの少しの回線のゆらぎがプレイ環境に支障をきたします。
             ルーターの機種は最新のものに。メーカーは大手のもの(バッファローやNECなど)にしてください。
             予算が一万円超えてしまう可能性もあります。家電量販店の店員さんに、予算と一緒に聞くのが一番確実です。
             もしもプロバイダーの変更も考えている場合、付属のモデムをルーターとして使える場合があるので、購入を後回しにしてもいいかもしれません。
             有線ルーターでも、10年選手の古いルーターは変えましょう

予算五万円以上の改善方法
もっともお金がかかり、条件も確認しなければならないものになります。
プロバイダー……工事費がとっても高いです。
         でも安心してください。各社ユーザーの取り込み競争に必死なおかげでキャンペーンのキャッシュバックがあります。
        初期費用は残念ながら額面通りかかりますが、実質無料に近い値段で工事してくれます。
        キャンペーンの有無はかならず検索しましょう。「プロバイダー 比較」で出ると思います。
        また、一戸建て・マンション・お住まいの地域により、希望に添えない場合もあることを覚えておきましょう。
        バーチャ勢というよりオンラインゲーマーに人気なのはNuro光ですね。ギガ回線を売りにしているところなら他でもいいと思います。
        ちなみに、私はビッグローブ光で光ケーブルを直接つないでいます
        先程もいいましたが、高速ネット回線はIPv6です。PS4だと思ったほど速度が出ない場合があることを覚悟した上で選んでください。
        将来、Steam版になったなら爆速でバーチャできると思いますのでそれまでの辛抱です。
引っ越す……格ゲーのために引っ越せるバーチャジャンキーは少数とおもいますが、回線改善方法の中で最も効果的です。
      ただ注意してほしいのは、不動産スタッフが考えているネット環境は「ブラウザが見れればそれでいい」と思っている場合があり、
      高速通信に疎い場合があります。
      目当てのプロバイダーがその地域と住居に対応しているのか、自分で確認する必要があるでしょう
      費用は言わずもがなです。
追記
PS5を買う……現在入手困難なゲーム機です。PS4との互換性が高く、バーチャも動きます。
       回線でいうと、IPv6に対応している点がかなりデカイです。
       ただ、バーチャの対戦接続方式もP2Pと思われるため、対戦相手もPS5じゃなければ恩恵がほぼ得られません。
       (ある程度ユーザーを複数接続して回す方式らしいので、厳密には違うと思いますが、対戦が始まるとユーザー間の通信が影響します)
更新日時:2021/06/29 17:39
(作成日時:2021/06/29 13:15)
カテゴリ
つぶやき
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア