395

ビースト漆原の段位心構え

by
ハリス漆原
ハリス漆原
ついに私もFSアーケードの段位である獣武帝まで昇格することができました。ここからは上がったり落ちたりを繰り返すフェーズに突入するかと思います。なので昇格報告のような投稿は轟雷神にでもならない限り行いません。つまり二度と行いません。

思えば以前の投稿(覚悟はいいか?オレはできてる)で鷹嵐は2戦以上の連続マッチが出来ない、なんてことをのたまっていましたが、よくよく考えればPS3のランクマッチシステムだと1戦も対戦出来ない(IDでキャラが鷹嵐だとバレている)なんてことがよくありました。完全なる贅沢病です。誠に申し訳ございません。

ここから少しだけ話しが逸れます。FSのアーケードもPS3も同じだったのですが、VFesのランクマッチだと段位アタックが出来ないのを少しだけ寂しく思っています。そう、FSの時はアーケード・PS3問わず、大魔王vs天魔王で天魔王側が負けるととんでもなく段位ゲージが減ったんです。ちなみに勝った大魔王側はモリモリ段位ゲージが増え、負けても段位ゲージはほとんど減りませんでした。なのでゲーセンではよく阿鼻叫喚の同段位帯の2段差マッチが行われていたような気がします。

そして人々はいつしかその乱入を〇〇アタックと呼ぶようになります。大魔王vs天魔王はビックバンアタック、空拳聖vs剛拳聖はスカイアタック、獣武帝vs龍武帝はビーストアタックなどと言って楽しんでいたこと(ブチ切れていたこと)を今も鮮明に思い出します。ただ、このシステムによって段位が上がりにくく下がりやすい環境となり、高段位のハードルがより高くなっていたのかなと、今になって思います。

ちなみに私はFSアーケードで剛拳聖と獣武帝を何度か行き来していたのですが、獣武帝への昇格が近くなってくると、そうはさせじとスカイアタッカー達が次々と乱入してくるんです。彼らをなぎ倒して昇格できると、本当に気持ちがよかった。そして昇格と同時に自らもビーストアタッカーとしての暗躍を誓うのですが、逆に丸々と太った子羊に群がるハイエナの如き武帝常連組に骨も残らぬほど蹂躙されていました。きっとそこが適正段位だったんだと思います。

閑話休題。今回のVFesの段位システムは、マッチメイクが完全ランダム(〇〇アタック不可)・最大3戦までしか出来ない(連戦によるクセ読みがされにくい)・段位ゲージの変動がマイルド(段位差関係なく大幅な増減がない)・連勝するとゲージが増えやすい(連勝するとグンと増える)、となっているので段位は前作よりも上がりやすいような気がします。段位は上がったり下がったりするところが適正段位だと思っているので、少しづつ少しづつ降格する段位を上げていくイメージで取り組むのがいいのかなと思います。

段位のことばかり書いておいてアレですが、段位はバーチャの一部分でしかありません。しかし現状はVFes内で大会が開催されているわけでもなく、カジュアルマッチ(家庭用VF5FSでいう段位変動のないプレイヤーマッチ)もない中、初心者の方から上級者の方まで半ば強制的にランクマッチを楽しまざるを得ない状況です。その代わりとなるのがルームマッチなのですが、みなさん積極的にルームマッチを使っていますか?私も含め長年バーチャをしている人は友達とのルームマッチを気軽にやることが出来ますが、初中級者の方は楽しめているのかな、と。集中し続ける必要のあるランクマッチだけはツライぞ、と。

なので今後は、Twitterで初中級者向けルームマッチの募集を見かけた時は積極的にRTしていこうと思います。連戦できないランクマッチやプレイヤーマッチ自体がない中、現状はルームマッチが一番友達作りに適していると思うので。

私も近いうちに鷹嵐だらけの相撲部屋(ルーム)を作るので是非遊びに来てくださいね。あなたのキャラは問いません。


➡焦ってキャプチャーしたら元相撲取りの犯罪者のような写真が撮れました。
作成日時:2021/08/07 18:50
カテゴリ
つぶやき
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア