1438

【VFes】アイリーン 主力技

by
りょ☆あぃ
りょ☆あぃ
今回はアイリーンでよく使う技について。

↓↓コマンド表記方法・入力方法が分からない方はこちらから↓↓
https://vf-camp.jp/posts/141550

・P

最も早い上段パンチ。
発生11Fで触れさせれば有利(G+2F、NH+5F、CH+8F)に。

中段と投げの2択に慣れる前は、とりあえずPを打って攻めの起点に。

また、微不利時(-3Fくらい)のP暴れが強く、相手に最速行動を強いることが可能。

相手の技をガードして+11F以上(立ち状態)の場合は確定反撃として使用。

・6P

最も早い中段(肘)攻撃。
発生14Fでカウンターヒット時のみ有利大に。

微有利時の攻めでは6Pと投げの2択が基本となる。

6PPまで連続ヒットさせ、キャンセル行動や割り込み行動への移行も可能。

相手の技をガードして+14F(しゃがみ状態)の場合、確定反撃として使用。

・3P

こちらも早い中段(パンチ)攻撃。
発生15Fでカウンターヒット時には214Pや236KKKが連続ヒットに。

6Pと異なる点は、初段からキャンセル行動や割り込み行動への移行が可能

派生技の3PPを警戒して立っている相手には、連携を押し付けて攻めの継続を。

・3K

リーチの長い中段(ミドルキック)攻撃。

6Pや3Pはリーチが短くバックダッシュに弱い。
3Kは相手のバックダッシュに当たると尻餅よろけとなり、大ダメージ獲得のチャンス。

・4P+K

半回転の上段(パンチ)攻撃。
カウンターヒット時には214Pや236KKKが連続ヒットに。

キャンセル行動や割り込み行動への移行が可能。

リーチが長く半回転のため、バックダッシュや避けに有効

・4K+G

半回転の上段(キック)攻撃。
キャンセル行動や割り込み行動への移行が可能。

ジャンプ性能がついているため、捌き技や当て身技の対策

・43P+K

リーチの長い中段(両手)攻撃。
ノーマルヒットで236KKKが、カウンターヒット時には214Pが連続ヒットする。

また、スカ確に使用する技として最も優れている。

微不利で相手がリーチの短い中段を最速で打ってくる場合は、バックダッシュ43P+K236KKKが強力。

・K+G

全回転の上段(キック)攻撃。
出したあとは背向け状態に。

避ける相手に有効
ヒット後は背向けP+Kと背向け2K+Gで2択へ。

・3K+G

全回転の下段(キック)攻撃。
ノーマルヒット以上でダウンをとれる。

避ける相手、立ちガードしている相手に有効

ただし、発生が遅く、ガードされると手痛いコンボをくらうため多用はNG。

・2_3P+K(33P+K)

姿勢の低い中段(肩)攻撃。
カウンターヒットでコンボ始動にも。

微不利時に使用することで、判定の弱い中段攻撃をすかす性能があり、相手キャラによっては主力となる技。

・46P

上段(パンチ)攻撃。
ノーマルヒット以上でコンボ始動に。

不利時に相手の上段技をすかす性能があるため、Pなど上段技をメインで攻めてくる相手に有効。

・9P

中段(パンチ)攻撃。
ノーマルヒットでコンボ始動に。

アイリーンは上段技や上段派生技が多く、相手の2Pに弱い。
9Pは相手の下段技をすかす性能があるため、相手の2Pで困った場合に有効。

また、ジャンプ性能がついているため、捌き技や当て身技の対策に。

・9K(9K+G)

中段(キック)攻撃。
ノーマルヒットでコンボ始動に。

相手の投げを読んだときの暴れ技として使用することが多い。

また、相手の技をガードして+17F以上の場合、確定反撃としても使用。

・6P+K+G

特殊移動。
受け身攻めに使用することが多い。

派生のK(中段)とK+GKK(下段全回転)を重ねることができれば完全2択を強いることが可能。

・236P+KP+G

上段キャッチ投げ。
避けやガードに有効。

発生は遅いが、キャッチ投げのため投げ抜け不可能
更新日時:2021/06/07 17:00
(作成日時:2021/05/31 20:26)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア