193

アキラ 対アイリーンコンボまとめ

by
kan
kan
ようやくキャラ別コンボまとめに手を付けました。作業は思った以上に過酷です。
しかし投げ出すつもりはありません。何としてでもやり遂げる覚悟ですので動画に字幕を入れるのだけは勘弁してください。

さて、内容については動画を観てもらうのがいちばん手っ取り早いのでそれはいいとして、
この記事では注意点やポイントなど、解説が必要そうな部分だけに絞って簡潔に解説していきたいと思います。
ではまずこちらをごらんください。


・0:03~33P
全てNHCH共通。カクダ〆は起き攻めしやすいかな、くらいの感覚。
K+GP最大溜めから43Pでバウンドさせるルートはハの字始動でPを1フレ消費。平行の場合や提膝からは目押しになります。
側面のは単に見た目重視。相手背側限定。

・0:43~上歩
最初のだけ覚えれば困らないでしょう。2Pで1フレ消費。

・0:57~9K
1P→P→43Pルートは平行始動限定。1Pをちょいダッシュから。
Pスカ→P→提膝ルートは両足。2Pで1フレ消費。
P→コボクルートはPの持続ヒットが必要です。

・1:23~コボク
これも最初のだけでいい感。ダメージもさることながら汎用性の高さがこの世界大事。
6KP→43P→遅らせ最速PKキャンセルルートはハの字始動。

・1:49~3K+GP+K
最初のが全足安定。2Pで1フレ消費。Pから入るルートはハの字のみ。提膝からのはかっこいい。

・2:26~ヤクホ
最初のは4Pをほんの少し遅らせるか、もしくはPを1フレ消費するかのどちらか。厳しければ43Pから斧刃でいいと思います。
6KPカクダルートは平行始動のみ。忘れていいランキング上位。

・2:50~64P+G
二つ目のは2K+Gで1フレ消費。ムズいので最初のをミスらないようにすれば万事問題なし。

・3:02~修羅壁
提膝に自信があるならそっちのルートのがいい、けどそんな人はあんまりいなさそう。
白虎ルートのは斧刃を長めにダッシュしてから入れましょう。

・3:21~壁貼り付け
提膝→Kで浮くのはハーフフェンスのみです。K+GP溜ルートは壁と垂直からちょっとだけ角度を付けて。
対愛に限らずですが、キャラ別の壁は大半が壁との角度が垂直付近でないと入らないものが多いです。
ゆえにそれを問わない安定コンボもとても大事。

・4:04~46P+Kor4PP背後壁
ダッシュ上歩→33P→白虎ルートが角度問わず安定。上歩をやや低めに当てるのがコツ。
33P→提膝で高々と浮くのはハーフフェンスのみ、かついい感じの高さで33Pを当てた時だけ。

・4:55~ヤクホ壁
この場面は2K+GP→コボク→修羅だけ覚えておけばいい、
と思いきや角度によって2K+GPの時点で壁に引っかかり落してしまうことがあります。
なので怪しいと思ったら2P→K+GP溜~や2P→修羅~で安定させるのも大事。

・5:17~1P壁
これはキャラ問わずPの拾いがとにかく安定しないので直白虎をミスらないことのが重要な気もします。

・5:42~64P+G壁
最初のができれば十分。最速Pからダッシュで相手を壁に圧し付けてコボク、という感じ。

・5:58~通天猛虎
基本的にはヤクホのレシピを流用、壁が絡む場合のみ6KPを使ってもいいかなくらいの認識。

・6:19~ヤクホ遠め壁
とりあえず斧刃入れてそこからどうするか。間合いが近すぎたら馬歩を入れられるように頭を切り替え準備。

・7:46~側面崩れ
動画の内容は忘れてコボク始動のレシピを流用するのが吉。まずは大バウンドさせてから考えましょう。

・7:57~ガード崩し壁絡み
これもコボク入れるのが安定。角度や距離を見誤ってもコボクならフォローが効きます。


以上。
要するに動画の半分くらいは大道芸。
でもゲームだからいろんなことができた方が楽しいよね!

次は対鷹嵐のまとめ解説です。
作成日時:2021/08/07 20:48
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア