119

アキラ 対リオン・ラファールコンボまとめ

by
kan
kan
となりのベネッサさんが派手に減らされるせいで当初はあまり目立っていませんでしたが
研究が進むにつれ意外と食らい上手な一面も見えてきたリオンくんへの制裁を今回は。

ポイントになるのはやはり下段攻撃への確反でしょうか。
1Kにしろ2K+Gにしろこれらをガードして馬歩を入れているようじゃ大した抑止にはなりません相手の思う壺です。
普通のワンコマで膝クラスが出せる他キャラよりちょっとつらいところではありますが、
1Kを避けた時も含めて条件反射レベルになるまで33Pで返す練習を目が虚ろになるくらいひたすら練習し続けましょう俺含め。


・0:03~33P
ここは対ベネッサとほぼ同様。
6KP後ハの字でPを、43P後ハの字でダッシュから2Pを挟めたりしますが、
それらは無視してCH含め全て6KP→43P→カクダで済ませてしまっても問題ないと思います。
他キャラ同様壁が絡みそうな時にP始動にして修羅で運んだりなどできたらいいかな、くらい。
NHでも両足P→コボクがバウンドするのでそういう意味でも融通は利きやすいですね。

・0:23~提膝
硬化で両足安定するのが6KP→1フレ消費2P→1フレ消費カクダ。ちょっと難しめ。
平行で6KP→43P、ハの字はP→コボクルートが使えます。これが地味に大きい。
ちなみに舜も同じ分岐が可能で女性キャラはハの字の方のみ可能。謎の男女不平等。

・0:38~6KP
両足安定するのは
P→1フレ消費2P→1フレ消費カクダ
46P→P→1フレ消費2P→白虎
の二つ。
提膝→P→2P→白虎
は平行始動のみ。
P始動はダメージ低めですが壁に運びやすかったり足位置確認も容易だったり、というのが利点でしょうか。
その話の延長でPの時点でハの字であれば43Pルートに移行可能です。

・1:02~上歩
最初のは平行始動1フレ消費4P(44P)→最速PKキャンセル→斧刃。
次のがハの字始動ちょい遅らせP→6KP→白虎で普段はこの二つを使い分けられたら理想。
ちょい遅らせ2K+GP→1フレ消費2P→白虎(平行のみ4PP+K)が2021年では安定か。
提膝ルートは2Pで1フレ消費すれば両足、〆は平行4PP+K、ハの字白虎です。軍にも同じ。入れ忘れました。
P→2P→斧刃は両足で絶対にミスれないとき用。あるいは運び。

側面の場合平行相手背側以外ではちょい遅らせP→43Pルートが入り大ダメージです。
が、全足入るちょい遅らせP→6KP→白虎が無難というか現実的かなと。

そしてカイコ→46Pからは1フレ消費P→43P~というのが両足で狙えます。見返りたっぷりで大変おいしい。

・1:47~9K
両足安定のちょい遅らせ1P→Pルートが出来たらいいですね。PKキャンセル→斧刃はやっぱり難しめ。
ちょいダッシュP→43Pはベネッサよりはちょっと難しいけどまだ許容範囲か。
Pスカ→2K+GP→1フレ消費2P→白虎はド安定。平行の4PP+Kはわりとスカるので非推奨。
K+GPは両足で当たりますがこれもたまに裏切ってくるのでこのルートは白虎〆一択。
ハの字のダッシュP→コボクはとても楽しいですがこんなの超煌神でも安定は無理だね!

あとは平行で相手の背側に失敗避け→2K+GP→1フレ消費P→カクダ、
ハの字はPスカから同じのが入りますがだからなんだというのでしょうか使われているところなど見たことありません。

・2:20~コボク
最初のだけで問題ないですね。ダメージ、運びどちらも十分。
P→43Pルートが次点。受身重ねのセットプレイやりたい時とか。

・2:39~3K+GP+K
6KP→1フレ消費斧刃がダメージ運び起き攻め全て申し分なし。
1フレ消費が苦手ならカクダ、それもアレなら連環腿でも。6KP後ハの字のみ修羅が入ってかっこいいです。

・3:07~3P+K
1P→2P→カクダはベネッサと違い平行のみ、OM絡みは足位置問わず相手の腹側にちょっと引っ張りつつ移動です。
まあこれも2P→修羅を逃さないのが大事というところに行きつきそうな。

・3:29~ヤクホ
最初の二つをお好みで。カクダ〆の方は受身に16フレ中下段、つまりミドルや撃歩が重なるので地味につよい。
6KPカクダルートは両足、遅らせ33P→2P→1フレ消費カクダは平行始動のみ。

・3:56~64P+G
2K+GP→最速PKキャンセル→1フレ消費2P→白虎、2K+GP→P→K+GP。その差はダメージ1。
カクダのは横転受身に側面撃歩重ねが出来たりするのでたまにやると楽しい。

・4:12~修羅壁
遅らせ2Pのタイミングを覚えましょう。やはり対軽量級は若干しょっぱい。
なお最速Kキャン2Pでもタイミングは合うのですが謎に2Pがスカることがあります。

OMからの2P→斧刃は方向足位置問わず入るのでリングアウト狙いに。カステラではよくあること。

・4:21~壁貼り付け
垂直限定のは
平行  消費無し33P→1P→P~
ハの字 消費無し33P→1フレ消費P+K→P~
33Pは共通で平行ナシ、ハの字アリという覚え方で。

・4:42~46P+Kor4PP背後壁
ダッシュ上歩→33P→白虎ルートが角度問わず安定。上歩は葵の時よりやや打点高めで。できれば提膝を挟みたいのは同じ。
P→コボク~を経由するレシピは角度が付いている方が簡単そう、というのは他と同じ。
対リオンは33P始動もわりと入りやすい気がするような感触があるといいますか。

・5:27~ヤクホ壁
2K+GP→コボク→修羅安定ですが壁と角度が大きくついている場合はやはり注意しましょう。
そのケースでも動画のように2Pからダッシュで壁に押し付けてコボクという荒業も可能です。
とはいえそれでもやっぱり2P→修羅~で済ませる覚悟も大事。

・6:00~1P壁
この角度ならPが当たる!というのはやはり経験のなせるワッザ。
結局いつものように直白虎スタンバイ重要。

・6:04~壁絡み上歩
壁からやや遠めの2K+GP→コボクができたらほんといいんだけどねえこの子は…

・6:30~64P+G壁
角度が開く時のみその場コボク→46P→白虎で。
閉じている時もK+GP溜だと潰れることがたまにあります。判別は困難ゆえ運が悪かったと諦めましょう。

・6:51~通天猛虎
とりあえず6KP入れて壁が見えたらコボクスタンバイがベスト。
あまり情報量を増やしたくないのならヤクホコンボ流用。

・7:19~ヤクホ遠め壁 43Pの方だけでいいと思います。

・8:34~K+GP最大溜
両足遅らせP→修羅が入りますがどこで狙えばいいのか困りますね

・8:46~側面崩れ
これも最初のだけでいい説。特に捻る必要もないでしょう。

・9:14~壁斜めP
角絡めてバウンドさせてみたいですね一度くらい

・9:33~壁を背負った崩撃から
地味に始動の位置をすごく細かく調整しています。ロマン。


以上。
趣味枠が多彩なせいで動画もえらく伸びてしまいました。
必要なものだけにしたら3分を切るような勢いだと思います。そのつもりで取捨選択を。

次は対ジャッキーの動画作るところからか…
更新日時:2021/11/21 12:35
(作成日時:2021/11/20 19:01)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア