125

アキラ 対梅小路 葵コンボまとめ

by
kan
kan
最後の対最軽量級。楽しかった時間もここで終わりです。
次からは軽量級に入るので今までのようにはいかな、いやベネッサはだいぶ楽しいな…別ベクトルでちょっとかわいそうまである…
けどあのキャラ被ダメすごいけどこっちの被害もハンパないしイーブンだな。いまだにDとO見分けつかんこと多いし。

まあそういう恨みつらみをぶつけるのはそのときに。
気を取り直して対葵のコンボ集です。


・0:03~33P
NHで6KP→コボクルートにいけるのは平行始動のみ。ハの字はP→43Pに変えましょう。
あるいは両足6KP→P→43P~としてしまってもいいかもしれません。
CHは両足コボクルート安定ですがその恩恵を受けるのは壁が絡む時くらいかも。
P→K+GP溜が何も考えずに済むし、しゃがみG浮きへのフォローもしやすいんですけどあまり浸透せず悲しい。

・0:22~提膝
6KP→43Pが両足で平行始動のみ43Pの前にPが挟める感じ。
ハの字はバウンド後ダッシュから2P→1フレ消費カクダが可能ですが労力には見合っていません。

・0:34~6KP
消費あり33P→2P→カクダで安定。ちなみに愛覆は2Pで1フレ消費。

・0:39~上歩
最初のだけ遅らせPのタイミングを覚えて保険に二つ目のを覚えればいいでしょう。
壁が絡む場合は43Pから斧刃→馬歩とするなどできれば完璧。

・0:54~9K
1P→P→43Pルートは平行始動かつニュートラルP限定。1Pをちょいダッシュから。
Pスカ→P→提膝ルートは両足。あとは最速。
遅らせPからの43Pルートも難しくないのでこれメインでもいいと思います。

・1:10~コボク
少なくとも最初のだけしっかり。そしてとどめをさせるときは無理せず連環腿〆で。
6KP→43Pルートがぼくは好きなんですけど世間の反応はひややかです。

・1:31~3K+GP+K
最初のが全て最速で全足ド安定。リモンを消費無しにしてしまうとダメですがまあ気にせずとも問題ないでしょう。
PKキャンセル上歩ルートはくっそムズいのに見返りがお察しです。

・1:58~ヤクホ
最初のが全て最速で全足ド安定。厳しければ43Pから斧刃でいいと思います。あと壁に届くときも。
6KPカクダルートは平行始動のみ。忘れていいランキング上位。

・2:08~64P+G
どちらも最速でいいですが、できればPを用いる方を身に付けるがいいのかな、という気がします。
Pからであれば1フレ消費K+GPで〆ることも可能なのでちょっと楽したい時はそれで済ませられますし。

・2:20~修羅壁
提膝→遅らせ斧刃ルートをできれば。自信がなければ直斧刃→馬歩でじゅうぶん。
二つ目は遅らせ2Pからの大ダメージレシピ。大道芸みたいなもんです。

・2:32~壁貼り付け
最初のは壁問わず平行壁垂直限定。すごい減ります。カイコ→白虎などよろけを挟まない場合は安定度が落ちるので控えた方がいいかも。
二つ目のも同じ条件で全て最速ですが上記に比べだいぶシビアなので非推奨。上記とは始動時壁との距離が違う感触。
消費無し33P→消費あり33Pのは両足で壁共通。わりとおすすめ。こちらはカイコ→白虎でもいい感じ。
ハーフフェンス専用の提膝→Kは葵でも一応可能、というだけでこれもまた狙っちゃいけない類のものです。

・3:09~46P+Kor4PP背後壁
ダッシュ上歩→33P→白虎ルートが角度問わず安定。上歩をやや低めにというのは他と同じ。できれば提膝を挟みたい。
33P→提膝で高々と浮くのはハーフフェンスのみ、かついい感じの高さで33Pを当てた時だけ。

・3:50~ヤクホ壁
2K+GP→コボク→修羅安定ですが壁と角度が大きくついている場合はやはり注意しましょう。
時には2P→修羅~で済ませる覚悟も大事。

・4:08~1P壁
葵は最軽量の中ではPで拾いやすい方かな?まあでも普段は直白虎をしっかり決めるのが重要。
P→2P→コボクとかもわりと決めやすいし夢があっていいんだけども。

・4:32~64P+G壁
最速Pからダッシュコボクをがんばりましょう。
角度が大きく開いている時のみ上歩→白虎を。

・4:47~通天猛虎
基本ヤクホのレシピを流用、壁を絡められそうなら6KPを意識。

・5:10~ヤクホ遠め壁
実はここも2K+Gをちょっとだけダッシュを挟んでから出した方がよかったり。

・6:01~側面崩れ
何も考えずにコボク入れとけばいいんだシンイチ

・6:33~斧刃壁絡み
天地や当身読みでけっこういい選択肢になることも。
なお43P→斧刃は同技補正の影響でちょっと決まりづらかったり。

・6:45~側面43P
一部の女性キャラ限定。
足位置問わず相手の背側移動から更に同方向への避けキャン2P。


以上。
最軽量は限定にこだわらなくてもかんたんに半分減らせたりするのでまあそう無理せずとも。
ただまあできるに越したことはないので無理しないようにはしつつ手札を増やしていきたいところ。

次は対ウルフのまとめ解説です。
更新日時:2021/10/06 12:27
(作成日時:2021/10/05 19:41)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア