136

アキラ 対ブラッド・バーンズコンボまとめ

by
kan
kan
女好きとのことですがしつこくバウンドさせられるせいで当の女性キャラからはくっそ嫌われてそうなブラッドさんです。
ベネッサとかもう恨みのあまり命を狙われてもおかしくないようなレベル。

そんなイタリア人も自分が受けに回ると比較的ひどい目に合う方だったりします。
少なくともアキラ側からするとそう。他の中量級だと足位置限定だったりするのが両足安定だったり、
なんなら他の同クラスには当たらないものを食らえてしまったりすることも。
ただまあそれによって大きくダメージが変わったりするわけではありません。
強いて言えば、確認事項を減らせることでちょっとだけ楽ができるという点が一番のメリットと言えるでしょう。

体重は中量級の中で一番軽く舜の次に重い位置、壁にはほんの少しだけ当たりづらいけど気にするほどでもなく
バウンドさせられるのは得意な方でもうちょっと減量したらジャンみたいになれそうなキックボクサーの動画をまずは。


・0:03~33P
NH、CH問わずまずは6KPを撃っておいてその時点でハの字、あるいは33Pの時点で平行が見えていたら
43P→カクダ、ハの字や確認ミスった時は修羅というのが基本になるかと思います。
ハの字のみP→コボク~が可能ですがこれは足位置確認が33Pの時点で必要なため上級者向け。
平行なのにPを撃ってしまった時はP→43P→斧刃やP→6KP→白虎などでフォローできれば。
6KPからNHは1フレ消費2P→カクダ、CHは1フレ消費2P→1フレ消費カクダというようにもできます。
しかしやっている人は見たことがないというのが実際のところ。

そしてブラッド限定で6KP→43P→相手の腹側に七星歩→1フレ消費P→カクダというのが入ります。
これはうれしい。NHCH問わずなので入力が苦手じゃない人はぜひ狙ってみよう。

相手の背側側面には直コボクから痛いのが入ります。
が、硬化のタイミングによってはコボクの持続部分しか届かずバウンドしてくれないことも。
大人しくP→コボク~とする方がいいかも。

あとは壁への運びですね。動画の以外では6KPからダッシュで壁に押し付けてコボク~
というのもわりとありがちな状況なので画面見るのとても大事。

・0:44~提膝
P→6KP→カクダが足位置問わず硬化に安定するのでこれで全てOK。
がしかし昨今のオンライン情勢を鑑みるにP→43P~ルートのが無難な気がしないでもありません。
〆はほんのちょいダッシュ2P→カクダがおすすめ。これはラウレイフェイとも共通で両足安定。

・1:00~6KP
リモン→2P→白虎が両足。リモンは消費ありのみ。
ちょっと不安なのでP→2P→カクダをおすすめしたいところ。 
提膝のは2Pで1フレ消費。両足可だけどいるかなあ…?そこで撃つなら最初に出しとけというか…

壁に持っていき追撃を狙う場合はPなどを挟まず直で修羅を入れましょう。

・1:15~上歩
2K+GP→1フレ消費2P→白虎で両足安定。側面には消費無し連環腿〆となります。
が、4P→2P→斧刃がブラッドには足位置関係なくさらに側面でもレシピは変わらないのでおすすめ。一択ってすばらしい。
 
一応こういうのも。
受身の傾向読みつつ体力ゲージ見てKOし切れるようであれば。普段からやるようなもんではありません。

・1:34~9K
最速Pスカから2K+GP→2P→白虎で両足安定。2K+GP→連環腿でもいいと思います。66Kで消費してもしなくても大丈夫。
足位置問わず相手背側避けキャン4Pのルートも地味にけっこういい気がしますね。斧刃〆のがいろいろ安全。
1フレ消費Kキャン前入れPとかいう呪文を唱えられればハの字で43Pルートが可能な気もしますが忘れるのが幸せな予感。

・2:04~コボク
両足でコボク→P→43P→カクダ。なお対レイフェイは平行、対ラウはハの字。なんなんだよ。
そしてこれまた両足でちょいダッシュコボク→6KP→カクダ。上のが安定過ぎるのでこっちはまあできたらで。

・2:15~3K+GP+K
P→46P→1フレ消費2P→白虎で一応安定。
迎門CHなどで背後を取った時、足位置平行かつ相手がニュートラルで3K+GP+Kを食らった時のみ46Pがスカります。
まず起こりえない状況だとは思いますが、万が一そういう相手がいたらP→修羅にシフトすることも考えましょう。

ハの字になるとだいぶお得。46P→1フレ消費2P→斧刃がベスト。
ただし側面で足位置を見るのは正面よりも難しいのでまずは上記のを覚えてから。

・2:27~3P+K
2K+GP→K+GPを余裕あるときに、というくらい。
ちょい遅らせ2K+GP→連環腿は難しいし失敗時が危険極まりないのでやめておいた方がいいでしょう。
OMのは足位置問わず相手の腹側へ移動からです。
まあここはちょいダッシュ2P→修羅を決められればいいかな。壁が見込める場合だけ斧刃で。

・2:46~ヤクホ
どのレシピも2Pはちょいダッシュからで。ブラッドはとてもかんたん。
そして43Pでバウンドさせたら足位置問わず斧刃が安定。
ほんのちょいダッシュ2P→カクダも両足だし対レイフェイラウとも共通化できるので非常におすすめ。
最大ダメージとなるちょいダッシュP→カクダも悪くないですが難易度とダメージが釣り合っているかはあなた次第。
相手の腹側へ七星歩→1フレ消費P→カクダも最大かつ安定可能、けどこれも難しいのがつらい。
ほんのちょっと遅らせ33P→2P→カクダは両足入ってくれて最大ですがまあこれはあんまりな感触。

背後崩れにはちょいダッシュ2K+GP→2P→カクダが両足。
けどここは2P→43P→ほんのちょいダッシュ2P→カクダで正面とも共通化がいいでしょう。
ほんのちょっと遅らせ33Pルートも両足かつ正面と共通だけどだからなんだ的な。

・3:27~64P+G
2K+GP→1フレ消費K+GPがド安定。ついで適当にダッシュから2K+GP→消費無し連環腿。
そして最大は投げた相手の背側に避けキャンダッシュ2K+GP→1フレ消費2P→1フレ消費K+GP。
避けキャンの方向は投げたのと同じ方向、と言い換えてもいいかな?
そうしたら避けキャンを最速で入れて適度にダッシュを引っ張り2K+GP。

そして最新レシピ。倒れる相手の顔が地面に付くくらいまで待ってから2K+GP→1フレ消費2P→白虎。
ブラッドレイフェイラウにはK+GPが入らないので白虎当ててから3K+Gで寝っぱ否定したり受身攻めたり。

・3:58~修羅壁
2P→斧刃→馬歩が足位置問わず最速安定でとてもやさしい。

・4:04~壁貼り付け
いろいろあってもやはり安定第一。
相手腹側に避けキャンコボク→46P→修羅~ができればだけどバックダッシュコボクからでもまあまあ安定。
目押しPに自信があるなら提膝始動からいろいろ試してみても楽しいですね。

・4:40~46P+Kor4PP背後壁
33P→P→コボクがわりと簡単、けどその後があまりおいしくない感じ。
なので33P→46P→白虎~、あるいはダッシュ46P→33P→白虎~が無難ですね。
角度が浅ければバウンド絡みで痛いのも割と安定するようになるのでしっかり画面を見ましょう。
 
すごく痛いけど忘れていいやつ。

・5:30~ヤクホ壁
2K+GP→コボク→修羅安定であとは特におすすめできるものは今のところないですね。
角度が適度であればコボク後33PからPで拾って~みたいなのも可能、位置関係が怪しい時は2P→修羅。

・5:44~1P壁
垂直だとPでとても拾いづらい気がするので立ち白虎スタンバイ。
垂直くらいで撃ったら斜めにずれた!みたいな時がPで拾えるチャンス。

・5:55~上歩壁
いちおうコボクいける。剛影よりは狙いやすい。たぶん。

・6:10~64P+G壁
ブラッドはP→ちょいダッシュコボク~のちょいダッシュがおそらく他よりちょっと長め。
角度が開いている時も最速コボク→46P→白虎ではなくそのままちょいダッシュルートで。

そしてハーフフェンス。PKのPはニュートラルで。
角度が開き切った時限定でここは46P→白虎でいいっぽいです。

・6:53~通天猛虎
両足で消費あり33P→2P→カクダが入って平地最大。
対ブラッドは2P→43Pも難しくないですがここは33Pを撃てるようにしておくのが良いでしょう。

・6:59~ヤクホ遠め壁
斧刃から白虎で壁には当たらないっぽい?なのでやっぱり43Pルート。

・8:18~K+GP最大溜
ちょいダッシュ2P→斧刃かちょいダッシュP→1フレ消費斧刃が両足。
それぞれカクダに入れ替えても可。問題はK+GP溜の使いどころ。

・8:28~側面崩れ
基本はダッシュコボク→P→43P~のコボクレシピ流用で。
あとは全足で1フレ消費投げスカ(66P+Gとか)からコボク→6KP→カクダが安定するようになります。
実にテクニカルでよろしいのでぼくもこれをがんばりたいと思っています。

・8:59~側面撃歩壁
リモン→白虎の貼り付けが安定するし壁コンに自信があるならまあ。
なければP→コボク~で普段通りに。

・9:08~壁斜めP
OMから斧刃馬歩。
鉄山はゲージ切れて側面G不能部分に当たるのが実はめり込み具合的にベスト。

・9・21~崩撃壁
P→コボク~の方は実戦で決める機会とかこの先あるのだろうか。ないと思います。

9:42~対壁攻撃
表示見る限りでは正面大CH?なのに貼り付いているのはふしぎ。
位置的に通常の壁コンは厳しいのでコボクから避けキャン修羅で無理矢理壁に当てています。
角絡ませられれば即死ワンチャンあるか。

壁攻撃への現実的な対処となると、ブラッドのそれは出が非常に遅いので長くて当たり判定が大きい技を
壁に上るのを見てから出せばいいだけです。33Pや6KでもいいしPKでも簡単に撃ち落とせます。
リーチ、コマンド的に考えると1Pも優秀ですね。ハーフの場合そのままリングアウトさせたりもするし。
反面、そこから当たるのかよってくらいものすごく遠くまで飛んでくる技なので、
バックダッシュでスカして云々は他キャラ相手と同じ感覚だとひどい目に遭いがちなため注意しましょう。


以上。
最初に述べたようにコンボだけ見れば覚えることも多くなくやりすいですが、
安定するコンボダメージがアドバンテージにならないくらいとにかく向こうの攻撃力が高いため厳しい相手ですね。
剛とは違うベクトルで痛い打撃の数々と、それらに混ざってくる首相撲の対処が厄介というほかありません。

とはいえ首相撲含めた投げはそれほど脅威になるわけではなく、あくまで尖っているのは打撃だけ、という偏った性能です。
なので対ブラッドに平行馬歩が強いのはよく言われているところですが、慣れないうちは不用意な割り込みをせずに
相手のターンがどこで途切れるかという見極めと癖読み、そしてそこでの最速二択の割合をまずは考えるべきかなと思います。
我慢のゆとりと気合の立ちガード大事。

次回はラウ。
ゴールデンウィーク中にはなんとか…
更新日時:2022/04/29 20:47
(作成日時:2022/04/29 20:22)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア