132

アキラ 対ウルフ・ホークフィールドコンボまとめ

by
kan
kan
公式でアキラのライバルであるウルフへのコンボ解説です。
まだ生きているんでしょうかこの設定。


・0:02~33P
正直なところ一番最初ので全て済ませてしまってもいいかなと思っています。
というのもウルフは浮きのブレに悩まされることが特に多い気がするので。
 
このように同じ入力でもバウンドしたりしなかったりでいまいち信用がおけません。
立ち平行硬化が最も怪しく、しゃがみ平行硬化はダメ。ハの字は両方いけるはずなんですが自分はちょっと疑問を抱いています。
CHであれば両足問題なくP→43Pが入るので、そこから足位置共通でちょいダッシュ連環腿、ハの字始動は斧刃。
ヒット確認が完璧ならば平行始動でP→6KP→連環腿が最大になると思います。
ただこれも浮きのブレに嫌われる可能性も否めないため使用は自己責任でお願い致します。

・0:31~提膝
P→46P→2P→白虎が両足で。ただし投げスカりの後半などに硬化を取るとなぜか2Pに1フレ消費が必要に。
ロードロへの確反専用にするなど割り切った方がいいかもしれません。
 
これでもいいかな?という気もしますができれば初段Pで切り替えの余地は持たせておきたいとも思うんですよね。
現状自分の結論としてはP→修羅で無難に、といったところです。

・0:36~6KP
これもロードロ専用で。
立ち硬化に対してはハの字始動だとまず6KPがスカるので使用禁止を言い渡すレベル。

・0:40~上歩
両足P→カクダ、ハの字P→斧刃で全て賄えます。壁に当たることはないのでそこの心配はないですが、
壁の影響を受ける位置で軸が微妙にズレることがあり、斧刃がスカることが稀にあります。その場合はおとなしくカクダに。
なお側面だと最速P→1フレ消費斧刃が全足入って案外馬鹿になりません。あくまでPは最速なのでその点のみ注意。

・0:56~9K
対ジェフリーとほぼ同じです。最速2K+GP→1フレ消費2P→白虎が両足安定。
おすすめはちょいダッシュ2K+GPから平行2P→白虎、ハの字P→4PPorK+GPです。状況は4PPの方がいいかな。

・1:12~コボク
ウルフはバウンドしやすい属なので最初のがとても安定してとてもありがたいです。
ハの字で二つ目のが入りますが別にいりませんね。一応言っておくと最後の連環腿は消費無し。

・1:23~3K+GP+K
P→修羅でおおむね問題ありません。壁に運ぶ場合のみPを省きましょう。
ちなみにここでPを省いた場合7もダメージが落ちるので案外手抜きが許されないところだったりします。
P→3K+GP+Kで叩き付けてカクダで追い打ちするのはオンライン時代だからこそ有効かもしれません。両足入るし。
46P→2P→連環腿はハの字限定。

・1:44~3P+K
ここはまあちょいダッシュ2P→カクダが入れられれば御の字じゃないかなと。
レシピはいろいろあるけどあんまり労力を割きたいところではないように思います。

・1:57~ヤクホ
両足ちょい遅らせ2K+GP→連環腿をしっかり。できれば66Kを消費無しで。
ハの字始動の2P→43Pはバウンド自体は慣れれば可能なくらいの難しさですが、2Pの前に挟むのがしゃがみダッシュじゃないとダメっぽいです。
なぜかはいまだにわかりませんがめり込み具合が違うとかなんでしょうかね。

・2:10~64P+G
対ジェフリーと違い2K+GP→白虎が入らないのが地味に痛いところ。2K+GPのディレイを頑張るしかありません。
ちなみに自分は1フレ消費2K+GディレイP→1フレ消費2Pみたいに入力しています。これが正解というわけではありませんが一応。

・2:27~修羅壁
まずは最速Pで拾っていろいろですね。〆はカクダか1フレ消費斧刃。

・2:41~壁貼り付け
最初のをとりあえずおすすめ。経験上コボクを遅らせた方がいいような気もしますが意味があるかは不明。
あくまで安定を望むのならコボク→修羅~とするのがいちばんいいでしょう。
ハーフフェンス用のコボク→提膝~は相手の腹側に避けキャンからコボクを撃つことで安定度が増します。これはきっと嘘じゃありません。
リモン→コボクは壁垂直時かな?これも今は忘れていいかなと。

・3:08~46P+Kor4PP背後壁
高い位置でPを当てられる自信がある者だけコボクルートを。
それ以外は直白虎→カクダが無難なのではないでしょうか。

・3:28~ヤクホ壁
2K+GP→修羅安定。壁と角度が大きくついている時は2P→修羅で妥協。
壁とやや距離があるときはコボクが挟めるというのも対ジェフリーと同じ。

・3:46~64P+G壁
角度が垂直~開く方向にいく場合のみP→ダッシュコボク。そして大きく開いている時のみ上歩→白虎を。
閉じる方へ角度が付くときはP→43Pでお安く。

・4:06~通天猛虎壁
1フレ消費2P→コボク~のはちょっと信用しづらいですね。
基本は遅らせた2K+GPからヤクホ用のレシピを流用するのがいいでしょう。

・4:20~通天猛虎
足位置問わず相手の腹側に避けキャンちょいダッシュ2P。ぜひ覚えたい。
〆はハの字始動でP→カクダ、平行は直カクダ。一応ちょい遅らせP→カクダも入ります。

・4:32~ヤクホ遠め壁
ダメージの白虎、起き攻めのPK。

・5:01~側面崩れ
何も考えるなコボク入れとけそれでいいんだよシンイチ

・5:07~側面壁絡み
P→コボクでいいっちゃいいんですが33Pで貼り付ければ提膝→コボクが行けるということで。

・5:22~崩撃壁絡み
夢が詰まっていて大変よろしいのですが実戦でコボクはまだ決めたことがありません…
ただ側面カイコからの見返りが非常に大きくなるのはわかると思うので、自分もめげずに狙っていきたい。

そしていつかはワンチャン
   

以上。
解説でちょっと触れましたがウルフはバウンドさせやすい性質があるのでジェフリーよりちょっとだけやりやすいですね。
〆を43P→カクダにできたりするのはダメージ以上に余裕をもって起き攻めに行けるというのが大きいです。

次は対ベネッサの動画作りからです。
更新日時:2021/10/06 21:47
(作成日時:2021/10/06 21:41)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア