157

アキラ 対サラ・ブライアントコンボまとめ

by
kan
kan
全体的にはリオンくんと同じような感触ですがちょっと壁に当たりやすい気もするサラさんです。
違いは壁だけというわけでもなく、両足入っていたところがハの字限定になっていたりだとかが地味にいやらしい。
それというのもリオンよりちょっとだけ体重が重いせいだと思うのですがまずその設定がどうなの…

とはいえだいたいは対リオンとの使い回しで問題ありません。
変わるのは極一部最大を求めに行った場合くらいですしそれで大きくダメージに差が出ることもないと思います。
そもそもそういうのは始動技自体にあんまり使い道がなかったりもしますし。
そこらへん汎用コンボで気を付けなきゃならないのは3K+GP+Kかな?
まあそれも難易度的に大したこともなくぶっちゃけこういうとこサラさん影が薄い。


・0:03~33P
ここは対ベネッサとほぼ同様。
6KP後ハの字でPを、43P後ハの字でダッシュから2Pを挟めたりしますが、
それらは無視してCH含め全て6KP→43P→カクダで済ませてしまっても問題ないと思います。
他キャラ同様壁が絡みそうな時にP始動にして修羅で運んだりなどできたらいいかな、くらい。
NHでも両足P→コボクがバウンドするのでそういう意味でも融通は利きやすいですね。

0:22~で直コボクを入れているのはしゃがみ硬化限定。
両足入るけどでもそれがどうしたのという感じ。あとダッシュPが若干ムズい。

・0:34~提膝
硬化で両足安定するのが6KP→1フレ消費2P→1フレ消費カクダ。ちょっと難しめ。
ハの字のみP→コボクルートが使えます。けど足位置確認がつらい。
33Pを直で入れているのはテクニカルに見えてダメージはそうでもないとてもいけない子です。

・0:52~6KP
両足安定するのは
P→1フレ消費2P→1フレ消費カクダ
46P→P→1フレ消費2P→白虎
の二つ。
提膝→P→2P→白虎
は平行始動のみ。
P始動はダメージ低めですが壁に運びやすかったり足位置確認も容易だったり、というのが利点でしょうか。
その話の延長でPの時点でハの字であれば43Pルートに移行可能です。

・1:13~上歩
最初のが両足用4P→1フレ消費2P→斧刃。
次のが平行始動1フレ消費4P(44P)→最速PKキャンセル→斧刃。まあ両足用のだけでも。
ちょい遅らせ2K+GP→1フレ消費2P→白虎(平行のみ4PP+K)が2022年では安定か。
提膝ルートは2Pで1フレ消費すれば両足、〆は平行4PP+K、ハの字白虎です。

側面の場合足位置問わず相手の腹側のみちょい遅らせP→43Pルートが入り大ダメージ。
最速PKキャンセル→2K+GP→2P→白虎はこう見えて全足入るとても優秀な子です。

そして最後の遅らせ平行PKキャンセル→4P~のは単なる魅せコンボです結局。
初手Pのタイミングで全て最速入力で入るのですがそのタイミングが非常に難しい。
なお対蟷軍には両足同じレシピが決まり、ハの字では2Pに1フレ消費が必要となんとも通好み。

・1:56~9K
両足安定のちょい遅らせ1P→Pルートが出来たらいいですね。PKキャンセル→斧刃はやっぱり難しめ。
対サラのみ2P→1フレ消費斧刃が可能なのでこれもよさそう。
ちょいダッシュP→43Pはリオンより難しいです。あんまりおすすめはしません。
Pスカ→2K+GP→1フレ消費2P→白虎はド安定。平行の4PP+Kはわりとスカるので非推奨。
K+GP〆は両足で当たりますがこれもたまに裏切ってくるのでこのルートは白虎〆一択。

相手背側への避けキャン4P→1フレ消費2P→1フレ消費斧刃は10年ほど前の安定ルートです。
実用性がどうこうは置いといて懐かしさに涙が止まらない。

・2:26~コボク
最初のだけでいいと思います。
33P→斧刃ルートはハの字のみ。コボク×2の間に足位置確認が出来たら。

・2:48~3K+GP+K
リモン→2P→1フレ消費斧刃が運び起き攻め可能で申し分なし。いやダメージはもう一声ほしかった。
〆の1フレ消費斧刃が苦手なら1フレ消費カクダにしましょう。なおリモンを提膝に差し替える場合2Pで要1フレ消費。
P→リモン→2P→白虎はさらに安定型。さすがにダメージは物足りませんがミスる要素がないので合格。

・3:17~3P+K
1P→2P→1フレ消費斧刃が両足入るため非常に強力ですねその機会があるかは別として。
でもフラミンゴに引っ掛けることもなくはない気がするからちゃんと練習しておいた方がいいのかな…

・3:37~ヤクホ
最初の二つをお好みで。カクダ〆の方は受身に16フレ中下段、つまりミドルや撃歩が重なるので地味につよい。
ちょいダッシュ2P→6KP→カクダ、遅らせ33P→2P→1フレ消費カクダはどちらも平行始動のみ。

・3:56~64P+G
2K+GP→最速PKキャンセル→1フレ消費2P→白虎、2K+GP→P→K+GP。その差はダメージ1。
最速避けキャン2K+GPのも以降は2Pで1フレ消費するだけなので避けキャンが得意な人は。

・4:20~修羅壁
遅らせ2Pのタイミングを覚えましょう。やはり対軽量級は若干しょっぱい。
なお最速Kキャン2Pでもタイミングは合うのですが謎に2Pがスカることがあります。

OMからの2P→斧刃は方向足位置問わず入るのでリングアウト狙いに。カステラではよくあること。

・4:31~壁貼り付け
ハーフ限定の46P→消費無し66K~はパクりました。66K後壁に引っかからないことがあってちょっとこわい。

・4:53~46P+Kor4PP背後壁
ダッシュ上歩→33P→白虎ルートが角度問わず安定。上歩は葵の時よりやや打点高めで。できれば提膝を挟みたいのは同じ。
P→コボク~を経由するレシピは角度が付いている方が簡単そう、というのも他と変わりません。
対リオン同様33P始動もわりと入りやすい気がします。なんならリオンよりも。

・5:27~ヤクホ壁
2K+GP→コボク→修羅安定ですが壁と角度が大きくついている場合はやはり注意しましょう。
そのケースでも2Pからダッシュで壁に押し付けてコボク、という荒業も可能です。
とはいえそれでもやっぱり2P→修羅~で済ませる覚悟も大事。

相手の腹側避けキャンからのは見返りが難易度に見合ってはいないかな…とはいえギリギリ狙えなくはないか。

・5:41~1P壁
この角度ならPが当たる!というのはやはり経験のなせるワッザ。
結局いつものように直白虎スタンバイ重要。バウンド狙いなんてしちゃいけません。

・5:53~壁絡み上歩
壁からやや遠めの2K+GP→コボクができたらほんとかなり変わる、変わるんだろうけどいかんせん難易度。

・6:07~64P+G壁
角度が開く時のみその場コボク→46P→白虎で。けどサラはK+GP溜が入りやすい方かな?
閉じている時もK+GP溜だと潰れることがたまにあります。判別は困難ゆえ運が悪かったと諦めましょう。

・6:36~通天猛虎
とりあえず6KP入れて壁が見えたらコボクスタンバイがベスト。
あまり情報量を増やしたくないのならヤクホコンボ流用。

・7:06~ヤクホ遠め壁
43Pの距離を身体に刻み込もう。

・8:28~K+GP最大溜
両足遅らせP→修羅が入りますが狙うところがあんまり思いつかないですね…

・8:37~側面崩れ
全足で相手の背側に失敗避け→コボク→33P→斧刃が入ります。
ただこんなことしなくてもダッシュコボクからP→43Pで十分でしょう。

・9:27~壁斜めP
鉄山後の2PはOMからだったり避けキャンからだったりとぶれることがあるため、OMから直斧刃が無難。

・9:47~側面43Pからの裏回り
対女性キャラ特有のかっこいいコンボ。なお女優を除く


以上。
最初に述べた通りひねったことをしなければ覚えやすい方かと思います。
おかげで記事を書くのも半分くらいコピペで済みました。
3P+Kと3K+GP+Kだけ注意しておいた方がいいものがあるかもしれない、という程度。

次は重い方の食らい上手代表ジャンくんです。
間が空いてしまったので動画作りもペース上げていきたい。
更新日時:2022/01/09 00:57
(作成日時:2022/01/07 18:59)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア